安易な気持ちでは絶対に駄目!キャッシングローン

私はマルイのキャッシングローンで限度額まで借りたことがあります。初めてマルイで洋服を購入した時に、店員さんから勧められるまま、クレジットカードを作りました。

年会費無料・会員様のみの限定サービスという魅力的な殺し文句にしっかりとはまってしまったのです。その時の買物は現金だったので今考えれば、クレジットカードを断れば良かったと思っています。

当時は働いて間もないこともあり、お金を稼ぐという厳しさに苦しんでいました。しかも一人暮らしを始めたばかり、やりくりも知らない中で生活していました。その結果、月末になると遊ぶお金が無いなど金欠状態になってしまいました。

そんな時、マルイのキャッシングローンを思い出して、1万円程借りたのが全ての始まりでした。

人間というのは一度やってしまったことはすぐに慣れていく生き物です。

働かなくてもお金が貰えるような感覚になり、借金なのですが、まるで自分の銀行ATMからお金を引き出している気分でした。こうなったら転落は早いもので、食事に行くからマルイに寄る。

デートをするからマルイに寄るみたいな感じになり、あっという間に限度額までいってしまいました。

私は本当に馬鹿者で、年利なども一切調べていなかったのです。曖昧に借りていた為、どのように返済するか一切考えられていませんでした。

借金という重大な問題が重大として私には認識されていなかったのです。

そんな私でも最初は返済していましたが、素人の考えなど金融のプロが作るシステムの前には赤子同然です。まとめて借金を返すことが辛くなってきたところに、リボシステムというものが目に飛び込んできました。

このシステムが一番の借金が膨れ上がった理由です。どんなにカードを使いこんでも、一律の金額でお支払いOKというのです。私はこのリボに飛びつきました。

しかしリボは貸す側のメリットしかありません。

よく考えればわかることですが、貸した側は一度に返されるよりも、細かく返してもらったほうが長く利息を稼げます。私はこのリボシステムのどつぼにはまってしまいました。

入社したばかりなので手取16万円くらいです。一人暮らし+遊び人+借金では、どんどん生活は苦しくなっていきます。

私は借金問題で本来、集中しなければならない仕事にも身がはいらなくなってしまったのです。マルイから職場に返済を求める連絡が来ることが何度もありました。

お恥ずかしい話、最後は親でした。私を見かねた親に助けてもらったのです。

これは私が浅はで安易な気持ちでお金を借りたことが原因なので、借金が全て悪いかというとそうではないと思います。要するに、具体的にが大切です。
何にどれくらい必要で、いつまでに、返済するのか?というしっかりとした計画を具体的に立てていれば、問題は無いと思います。

事業を起こす場合でも銀行から借りながら商売する人がほとんどですので。

ローンやキャッシングの一番の問題は安易に借りないということに尽きます。キャッシングローンは即、火車になりあっという間に借金地獄になっていく危険が高いです。
どうしてもそのお金が必要の場合は両親に頼むなりします。それでも駄目であればキャッシングローンから借りることも良いですが、返済期間が長期にならないように一度で返す又は具体的にここの月までには返済するという紙でも書く。

借金生活が長引かない工夫をする必要があります。カードローンはとても便利ではありますが、リスクが非常に高い為、特に若い方は魅力的な誘い文句に引っかからないようにして欲しいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする